ローソファーの選び方とおすすめのインテリア

ローソファーのメリット・デメリット

ローソファーのメリットは、高さが低いので小さなお子さんがいるご家庭でも、落下の不安なく使えることです。障害を持った方やお年寄りなど、段差が苦手な方にも親切な作りといえるでしょう。高さの低い家具は、地震などで倒れてきたりなどの二次災害を防ぐ効果もあります。また、視覚的に部屋を広く見せることも期待できるでしょう。デメリットは、立ったり座ったりと忙しい方には、座面が低いので少し面倒に感じるかもしれません。また、高さの高い家具が多い家には、インテリア全体の統一感がなくなってしまいます。

ローソファーの選び方

ローソファーといってもさまざまなデザインのものがありますが、長く使いたい場合には、表面の素材に気をつけるといいでしょう。特におすすめの素材は合皮で、汚れにくく掃除も手軽にできるので、余り気を張らずに済みます。見た目にも高級感のあるものが多いので、モダンなインテリアにも合わせやすく、お洒落で機能的なインテリアを好む方にも一押しです。また、長い時間座るものなので、身体が当たる部分のクッションにも注目しましょう。長く座って寛ぐためには、ただ柔らかければいいわけではなく、低反発や高反発のものを選ぶと程よい硬さで疲れにくいといえます。

どんなインテリアに合う?

基本的にローソファーは、どんなインテリアにも合うのですが、どちらかといえば和風のインテリアに合いやすい家具です。一般的な和風から和モダンは勿論のこと、色合いを合わせれば北欧テイストのインテリアにも合います。ローソファーは高さが低いので、こたつとも相性がよく、冬の家族団らんにも大活躍してくれるでしょう。

ローソファーは、一般的なソファーよりも更に座面が低いソファーです。赤ちゃんから大人まで利用できる高さで、座ったり寝転んだりお子さんが遊んだりと、多目的に使えて便利なソファーです。